フィラリア症について


フィラリア症について

    フィラリアとは、蚊が媒介となり、心臓に寄生虫が住みつく感染症です。
    具体的な治療法はなく、最終的には死亡してしまう恐ろしい病気のため、蚊が発生する4-5月頃から蚊がいなくなる12月頃まで月1回の予防を忘れずに行うことが大切です。
    飲み薬・スポットタイプ・おやつタイプ・年1回の注射などその子に適した方法で行っていきます。
    また、毎年予防前に、血液検査による感染の有無の確認が必要です。

ノミ・ダニ予防について

  • ノミ
  • 感染すると、激しいかゆみや湿疹、脱毛が引き起こされます。
    また、条虫の卵を宿したノミを動物が食べてしまうことで、下痢や嘔吐を引き起こすこともあります。
    動物だけでなく人間にも感染することもあり、一度感染してしまうと、わずかな寄生でも皮膚炎に悩まされることになります。

  • ダニ
  • 散歩中に通るやぶ・草むらなどに生息する寄生虫です。 ただ吸血するだけでなく、人間にも感染し、発熱や嘔吐・下痢、最悪の場合は死に至る重症熱性血小板減少症候群(SFTS)を引き起こすこともあります。

月1回のスポットオンタイプ、錠剤、おやつタイプで予防ができます。